RMTリアルマネートレード タイトル
RMTリアルマネートレード

 

RMT(リアルマネートレード)は
違法行為ではないの?

RMT(リアルマネートレード)の違法性に付いて紹介いたします。

RMT(リアルマネートレード)はとあるオンラインゲーム会社が運営してるオンラインゲーム内の通貨を
現金で売り買いする行為です。

このオンラインゲーム内通貨を取引することに注目ください。
オンラインゲーム内通貨はオンラインゲームのデータであり、オンラインゲームデータは
オンラインゲーム管理者(製作者)に著作権が発生いたします。

日本にある殆どのオンラインゲームはRMT(リアルマネートレード)を認めておりませんので
無断で売り買いしていることになります。

よく規約に違反しているだけなので法的には違反していないとの話を耳にいたしますが、
運営会社が許可していなければ、RMT(リアルマネートレード)運営妨害という行為にも当てはまります。

しかし現状でRMT(リアルマネートレード)法的処置を与えられた前例も無いので
RMT(リアルマネートレード)市場は拡大し続けています。

海外では既にRMT(リアルマネートレード)が認められているオンラインゲームも存在し、
日本でもRMT(リアルマネートレード)の正当化を求める動きもオンラインゲーム運営会社にありますので、
RMT(リアルマネートレード)を法的に認めさせるのは難しいでしょう。
RMT(リアルマネートレード)がオンラインゲーム市場で認められるとしたら、
オンラインゲーム運営会社がRMT(リアルマネートレード)事業を行うと言う流れになるのでは?
と考えが浮かびます。

RMT(リアルマネートレード)を取り締まれば本来のオンラインゲームをプレイしオンラインゲームないで
見返りを得るということで原点に戻りますが、ハイプレイヤーであればさほどRMT(リアルマネートレード)が無くても代わりありませんが、一般プレイヤーでは楽しめない要素も現れてしまいます。

元々RMT(リアルマネートレード)はそのような状況を打破(一般プレイヤーでもある程度奥の奥まで楽しめるよう)するために生まれたといっても過言ではない為、また潜りで
RMT(リアルマネートレード)活動の需要が高まり行われると思います。

オンラインゲーム運営会社がRMT(リアルマネートレード)規約で禁止していても、RMT(リアルマネートレード)
活動を見過ごしているにはRMT(リアルマネートレード)人MMORPG人気のステータス
なっているからではないでしょうか、あくまで推測ですが。

RMT(リアルマネートレード)賛否両論なため、RMT(リアルマネートレード)を法的に、本格的に排除するのであれば、RMT(リアルマネートレード)を行っているユーザーがゲームを離れていくということも考えられますし、
逆にRMT(リアルマネートレード)を推進しようものなら一般ユーザーが離れる可能性もあります。

オンラインゲームの運営側はRMT(リアルマネートレード)にどう対応していくかとても
難しい状況ではないでしょうか。


RMT(リアルマネートレード)賛成・反対アンケート

 

 

 

 

オンラインゲーム内の出稼ぎ労働者

RMTにおいて大きな問題となっているのが、『ゴールドファーマー(Gold Farmer)』などと呼ばれるRMTを通じた就労を目的としたプレイヤーがゲーム内通貨を大量生産するオンライン出稼ぎ行為(「バーチャル就労」)である。

韓国のゲームセキュリティ企業などの発表した情報によれば、日本や韓国内でこれらの問題を起こしているゴールドファーマーの多くは中国に存在し、2006年現在、推定で最大25万人が不法インターネットカフェや倉庫、
オフィス街の一角に設けられたスウェットショップと呼ばれる『生産工場』でゲーム内通貨の量産に
日夜努めているとされている。
また、日本のオンラインゲームを対象とした同種の組織韓国にも存在しているという見方も、
日本国内では根強い。

実際、これら海外のゴールドファーマー・RMT業者の活動によって、日本国内では2005年だけでも
年間に50〜150億円前後
が地下銀行などの不正な送金手段を経由して国外に流出し、2006年にはRMTが
大きな社会的話題となった事から逆にRMT取引が活性化してしまっている現状も見られており、
その結果として300億円を超える金額がRMTにより国外へ流出したのではないかという懸念も聞かれている。
そして、オンラインゲーム市場の拡大に伴い、RMTを介して海外に流出する現金
まだ現在も増大の一途を辿っていると言われる。

また、これらゴールドファーマー・RMT業者と国内外の犯罪組織との繋がりや、金融犯罪資金洗浄などへの悪用に対する懸念も根強い。さらにはオンラインゲームのプレイ料金の支払いに、
偽造された不正なクレジットカード番号を大量に使用し、事実上の詐欺行為を行っている者がいる事から、
オンラインゲームの運営会社に多額の焦げつきが発生しており、韓国の運営会社の一部には経営上の
信用問題にまで発展しているケースもあるとされる。

また、RMT自体ではなく、海外プレイヤーとのコミュニケーション不能価値観の相互理解の不能、根本的にコミュニケーションの意志そのものを持たないゴールドファーマーと彼らのBOTの跳梁跋扈による相互不信や、高効率の狩場の独占などを目的としたゴールドファーマーによるプレイヤー・キルも大きな問題となる場合もある。

ゲームによっては、プレイヤー有志たちにより独自に様々な対策が試みられることもあるが、いずれも根本的な解決には程遠く、また、管理会社による対策も実効性が伴わない事が多い。

Favorite

ソーラー公園灯の見積もり
http://sigen-rsk.com/
結婚式 プロフィールビデオ
http://andhappypromo.omiki.com/

2014/11/26 更新